So-net無料ブログ作成
検索選択

ふたりのイーダ(1976/日) [映画]

2009-07-26の記事の再掲。
Iida-S.jpg
松谷みよ子/著。 1976年の日本映画。 

監督:松山善三 脚本:松山善三 脚本協力:山田洋次

出演:上屋健一、原口祐子、倍賞千恵子、山口崇、,森繁久弥、高峰秀子
    宇野重吉(イスの声)
    
直樹とゆう子の兄妹は、雑誌記者の母に連れられて広島にやって来た。
二人は森の中で言葉をしゃべる不思議な椅子と出会います。
椅子は8月6日の朝、広島の街へ行った少女をずっと待っているのだった……。
原爆の悲惨さを訴えて有名な松谷みよ子の原作を映画化した美しく悲しいメルヘン。

2009091402.jpg
 
原作を読んでから、しばらくして映画化されました。
映画のほうは残念ながら未見(ビデオ・DVDも無し)。
イーダちゃん役の原口祐子ちゃんは当時3才くらいで、ミルクのCMに出ていた記憶があります。

ふたりのイーダ (講談社青い鳥文庫 6-6)

ふたりのイーダ (講談社青い鳥文庫 6-6)

  • 作者: 松谷 みよ子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1980/11/10
  • メディア: 新書


20110806.jpg
20110806-2.jpg

何と2014年7月5日に明治大学で「1回限りの上映会」を実施。「ニュープリント:海外版」で。
20140718020941.JPG


さよならあんころもちまたきなこ


nice!(29)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 29

コメント 16

NO NAME

ふたりのイーダ是非みたい!
どこかで上映してないかなぁ…
by NO NAME (2010-09-19 01:57) 

pandan

この映画は観ました、広島出身で
たしか小学校の頃に学校単位で平和公園に
観に行った覚えがあります。
by pandan (2011-08-06 06:20) 

k_iga

先日、シナリオを入手しました。
原作発表時(1969)より時間が経っているので、ストーリーが一部変更
されているんですね。
大好きな小説です。
by k_iga (2011-08-06 12:45) 

坊や

原爆に匹敵、それ以上かもしれない、隠されてる現状に、
総意で注視していくひつようを改めて思い起こして頂きました!!
by 坊や (2011-08-06 18:32) 

pandan

原作を読んでみたくなりました。
by pandan (2011-08-07 07:39) 

がり

映画は見てませんが、
上からふたつ目の画像のポスターのイラストが
とっても懐かしいです。

by がり (2011-08-07 13:05) 

k_iga

いわさきちひろ大好きです。
by k_iga (2011-08-07 18:59) 

yujin

絶対にDVD化してください。売れると思います。
by yujin (2012-01-26 21:33) 

yujin

是非DVDにしてください。絶対にみんなが色んな面で共感でる幻想的な映画だと思います。
by yujin (2012-01-26 21:35) 

yujin

見たがっている方がたくさんいます。ぜひDVD化をお願いします。
by yujin (2012-01-26 21:38) 

yujin

あの動くいす、不思議な洋館、悲惨に想い出、もう一度みたいです。
by yujin (2012-01-26 21:41) 

通りすがり

映画見てみたいです。
だめもとでCATVの放送局とかにリクエストしてみます。
by 通りすがり (2012-01-26 21:50) 

コロン

子ども時代に毎年なつゆすみに、テレビ放送でみていました!
子供が出来てから、たまに今年は放送されないか、調べていました。
DVD化して欲しいです!
by コロン (2012-09-23 14:55) 

いとへん

小学5年生の時、学校の講堂で観ました。
DVD化お願いします。

by いとへん (2013-04-21 10:33) 

PineWood

東京・京橋のフイルムセンターの木下忠司音楽特集で上映された本編を見て来ました。原作は未読ですが、タイトルバックのいわさきちひろの絵のような雰囲気を活かした画面造りです。山田洋次さんのシナリオ協力で倍賞さん主演となると寅さんのさくらのイメージも重なりますが兎に角、綺麗で芯の強い役処!!山口崇との恋愛感情と被爆者の引け目等の葛藤も見所♪子役も佳くて椅子が動き出すファンタジックな行動と音響効果はフイルムセンター特集での注目点かー。
by PineWood (2016-06-03 03:45) 

k_iga

>PineWood さん
いいですねー。
映画公開当時のパンフレット?に脚本が掲載されているものがあって
読んでみました。
原作発表当時から時間が経っての映画化なので、映画のストーリーも
それに合わせて変えてあります。

原作もとてもすばらしい作品なのでぜひ文庫での一読をお勧めします。
by k_iga (2016-06-03 21:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0