So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

100式陸軍飛行時計 懐中時計タイプ レプリカ [ガジェット]

100式陸軍飛行時計 懐中時計タイプのレプリカも入手しました。

023797.JPG

父との思い出にあるのは左側のゴツくて重いタイプですが、
右側の懐中時計タイプも割と重さもありなかなかオシャレです。

航空機の計器盤に組み込むタイプを、戦後にムーブメントがぴったり収まる
セイコーの懐中時計のケースに入れ替えたという説と、最初からこの2種類
で支給されたという説があり、今となってはどちらが正しいのか分からない
そうです。

レプリカですがもう販売されていなくて新品のデッドストックを入手したの
ですが、こちらはクォーツ式でボタン電池 SR626SW(377)を入れると動き
出しました。二週間ほど様子を見ていますが正確で普段使いにもできそう
です。

惜しむらくは、秒針の色がダークブルーな点。
レプリカではない本物でも秒針が赤や黒のものもありますから(秒針が損傷
して交換した?)、レプリカの元となった時計の秒針も青かったのかも?


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「この世界の片隅に」(TBS 2018年7月15日~9月16日 9話) [ドラマ]

以前、「夕凪の街 桜の国」の原作を読んで2007年の映画も観て
「時代考証がすごいなー」と注目していた作家さんの作品。

アニメ版の「この世界の片隅に」(日/2016)も観た。

TBSでドラマ化されると聞いて「主演はのんちゃんかな」と思っ
ていたので別の人だと聞いてちょっと残念にも思ったけど、なか
なか好演だったと思う。
20180916223211.jpg

松本穂香と松坂桃李の夫婦役の二人が観ていて実に良かった。
「ああ、いいな」と、若い二人を応援したくなった。

尾野真千子も宮本信子も改めて良いと感じた。
013232.JPG

「原作やアニメより泣かせよう、泣かせようとしている」とい
う批判もあるみたいだけど、ドラマなりの描写があってもいいと思う。

すずの兄・要一の戦死の報告として石ころ一つだったと知ったシーン
などはアニメより良かったと思う。

20180916223157.jpg

しかし、アニメ・ドラマ共に空襲のシーンが一番堪えた。

あんな感じで毎日空襲があったら堪らない、と思いながらかなりビビりながら観た。

アニメ版のファンの人の中には「ドラマ版は観ない!」と主張して
いる人もいるみたいだけど、やはり3ヶ月近く連続ドラマとしてじ
っくり描かれると「ああ、良いな」というシーンがいくつかあるし、
心に残る。情が移る。
20180916221310.jpg

現代パートの 香川京子さんもアニメではサラッと描かれた節子の
その後として良かったと思う。

今年は各地で様々な災害に見舞われた。
1945年のカレンダーと同じ平成最後の年の夏にドラマ化されたのも
意義があると思う。
20180916222159.JPG

最近はそれほどドラマは観なくなっていたが観て良かったと思った。
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「ジャスティス・リーグ」(2017/米) [映画]

アメコミヒーローはあまり詳しく無いのだが、
昔からバットマンが好きだ。

「バットマン vs スーパーマン/ジャスティスの誕生」(2016/米)
という作品があるのは知っていたが、
20180329014338.jpg

「は? スーパーマン相手じゃ、生身の人間のバットマンが
勝てるわけがないじゃん」
と思いつつもあまり期待せず観てみると・・・。

20180329015631.jpg
何とワンダーウーマン登場!

あわてて調べると続編の
「ジャスティス・リーグ」(2017/米)もレンタル開始。

20180329013223.jpg

初っ端からワンダーウーマンの活躍っぷりに大満足。

しかし今回の収穫はバリー・アレン / フラッシュ。
20180326004749.jpg

何だかコミュ障でオタクっぽいけど、根はいいヤツ。
ワンダーウーマンとの掛け合いもユーモアがあって
とても面白かった。

前日譚の「マン・オブ・スティール」(2013/米)や
「バットマン vs スーパーマン」より分かりやすいストーリー
とユーモアですっかり気に入ってしまった。
次回作もフラッシュのキャラは変更しないで欲しい。

日本語吹替も
ダイアナ・プリンス / ワンダーウーマン(甲斐田裕子)
バリー・アレン / フラッシュ(細谷佳正)
の2人が実にピッタリで感心。


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

アシガール(NHK/2017年9月23日 -12月16日(12回)) [ドラマ]

20181204132550.jpg
DKZgl-6V4AEEi6G.jpg
速川唯(黒島結菜)・十六歳。走ることだけが得意な唯だが、明るい高校生活をなんとなく送っている。しかし、ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシンで、戦国時代に送り込まれてしまう。
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/index.html 20171127140548.JPG 20171127140609.JPG 20171127141246.jpg 20171127140632.JPG 20171127141159.jpg 20171127140901.jpg 20171127140659.JPG 20171127140927.jpg 20171127140725.JPG 20171127144258.JPG 20171127140810.JPG
「瀕死の若君を丸投げですかぁ!?」 弟くんがなかなかおもしろい。 20171127141225.JPG 20171127141046.jpg 20171127141108.jpg 20171127141131.jpg 20171127144325.JPG
速川唯/唯之助を演じる黒島結菜がかわいい。 20171127120342.jpg 
111.jpg

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | -